梅酒は自家製が美味しい

どこの家庭でも作られたことがある梅酒。うちの親も毎年作っています。だいたい今の時期(6月)から漬け込みますね。

ちなみに無許可でお酒を作ると違法ですが、梅酒のようにアルコールが精製されない製法で、個人で作って飲むのは合法です。

作り方

スーパーなどでビンと材料一緒に売ってます。それをそのまま買うか、自分で材料を選ぶかして必要なものを揃えます。

・青梅
・氷砂糖
・ホワイトリカー(甲種焼酎)

ビンの中に青梅と氷砂糖を入れ、ホワイトリカーを流し込みます。そしたら後はフタをして、冷暗所にて半年~1年ほど放置すれば完成です。お手軽ですね。

梅の種類を色々替えたり、ホワイトリカーを本格焼酎やウィスキーにしたり、また氷砂糖を蜂蜜や黒糖にしたりなど、シンプルだからこそ色んな組み合わせで作れます。

出来上がった梅酒はそのままだとアルコールが強いので、水割り、牛乳割り、ソーダ割りなんかで飲みます。

漬け込まれた梅が美味しいんだよね。こればっかりは自家製じゃないと味わえないです。

ちなみに

市販品では黒糖梅酒が好きです。市販の梅酒ってあっさりしたのが多いけど、黒糖は味が濃いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。