霧島酒造がサツマイモで発電! …どういうことなの?

酒蔵が発電事業に参入するそうです。

「黒霧島」の霧島酒造、焼酎粕を使って発電
http://www.sankeibiz.jp/business/news/140828/bsc1408281355016-n1.htm

芋焼酎の製造過程で発生する粕などを利用したバイオガス発電です。既に工場内のエネルギーとして活用していて、余った分を電力会社に販売するという事なんですね。

バイオマス? バイオガス?

なんかニュースソースによってバイオマス発電だったりバイオガス発電だったりするんだけど、両者は別物です。バイオマスが直接燃焼させるやり方で、バイオガスは発酵させて発生したガスを燃焼させるやり方です。

記事を読む限り、霧島酒造はバイオガス発電の方ですね。シンプルでクリーンな発電方法です。

9月から稼働

総事業費13億5千万円で発電機を3台新設。一般家庭1,000世帯の年間使用量に相当する、約400万キロワット時を九州電力に売電します。

その年間収入は1億5千万円! かなり凄いですね。

サツマイモを活用した発電事業は国内初! 発電量は焼酎メーカー最大規模! とまあ盛りだくさんですね。


トコトンやさしいバイオガスの本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。