熱燗は温度によって呼び方が違う! 呼び名6種類と作り方3種類

熱い日本酒は全部熱燗だと思っていたのですが、実は細かく呼び名がありました。

以下の表はWikipediaからの引用です。

名称飲用温度
飛び切り燗(とびきりかん)55度前後
熱燗(あつかん)50度前後
上燗45度前後
ぬる燗40度前後
人肌燗37度前後
日向燗(ひなたかん)33度前後

人肌燗や日向燗は何となく由来がわかりますね。

好みによると思いますが、飲みやすいのは上燗の45度前後です。以前、徳利が熱すぎてしばらく持てなかったことがありましたが、あれは飛び切り燗だったのでしょうか。

熱燗にして美味しいのは純米酒です。逆に吟醸酒はフルーティな風味が飛んでしまうため燗に向きません。

熱燗の作り方

昔ながらの方法として、お湯を張った鍋に徳利を浸けて温めるやり方があります。沸騰した鍋で一気に温めるのが良いです。アルコールが飛ばないように、ラップで徳利の口を閉じておきます。

電子レンジで温める方法もあります。そのまま徳利をレンジに入れるだけです。ただ、レンジでは温度にムラができてしまうことがあります。こちらの場合もラップで閉じておくと良いです。

どちらも熱に強い陶器の徳利を使うのが良いですね。


美濃焼 徳利 1合 160ml 黒備前

電気のチカラで温める酒燗器というものもあります。スイッチ1つで熱燗が出来るので、一番簡単ですね。ちなみに居酒屋には、一升瓶を突っ込める酒燗器がありました。


電気酒燗器 【美濃焼】 2.5合

熱燗は酔いが回りやすいので注意です。ちびちびと味わいたいですね。

1 thought on “熱燗は温度によって呼び方が違う! 呼び名6種類と作り方3種類

  1. 勉強になりました。クイズ番組で出題されそうだから覚えておきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。