酒検定と唎酒師認定資格ってのがあるんだね

特定非営利活動法人FBOの日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が行っている、お酒の検定があります。

手軽に資格を獲得できる「酒検定」会場受験 9月7日東京で開催
http://www.dreamnews.jp/press/0000095607/

酒検定

酒検定は以下の4つ。
・日本酒検定
・焼酎検定
・ビール検定/ウイスキー・スピリッツ検定
・ワイン検定

公認のテキストを購入(3,240円)して勉強のようです。内容は歴史、文化からマナーや雑学まで。受験料は3,650円~5,250円。

3級~1級まであり、下の級に合格していないと上の級は受けられません。合格は正答率が70%~95%以上。手軽に取得出来るように書いてあるけど、結構シビアですね。

唎酒師(ききざけし)

同じ所が実施している利き酒師の資格は、受験料がコースによって57,800円~150,200円。あと合格後に認定登録25,000円、入会金19,000円、年会費15,000円かかります。プロ仕様っぽいですね。

コースを見てみると利き酒なのに、テイスティング(試飲)しなくても資格が取れるようです。

この唎酒師の受講者は女性が多いらしいですが、芸能人が結構唎酒師の資格持ってるみたいだからその影響かな?

まとめ

利き酒って酒を飲んで味を当てたりするイメージでしたが、違うみたいですね。知識を求める検定のようです。

まあ私は美味しくお酒が飲めれば、資格とか無くてもいいかなあと思ってますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。